アイピルの効果と副作用について

アイピルは女性にとっての強い味方となる薬です。アイピルには様々な効果があるからです。アイピルを服用することで得られる効果としては、何といっても妊娠回避があります。特に未婚の女性にとって避妊効果があるかどうかは非常に気になるべき部分です。アイピルを服用することでかなりの高確率で妊娠を避けることが出来ますので、お守りがわりとして持ち歩いている女性も多いものです。
それからアイピルを服用することで平均寿命をのばすという嬉しい効果もあります。これはどういうことなのかと言いますと、ピルの服用によって子宮がんや卵巣がん等といった恐ろしい女性特有のがんを予防することが出来るからです。現在男女共に多くの人間ががんによって死亡しています。しかしアイピルを服用することでこのような恐ろしい様々ながんを予防することが出来るのですから、自然と平均寿命ものびるというわけなのです。
更にアイピルを服用することで生理痛も軽減されますし、出血量も落ち着いてきます。毎月の生理によって悩まされることがなくなるのです。
このような嬉しい効果満載のピルですが、当然効果ばかりでなく服作用もあります。主な副作用としては頭が痛くなってしまったり、吐き気や嘔吐がしたり、便秘になったり胸が張ったり等といったものがあります。しかしそれらのどの副作用の症状にしても、通常は命に関わる程重くなるものではないので、ちょっと我慢すればその後は何の問題もなく服用を続けていけることがほとんどなのです。それに副作用が辛い場合でも市販の痛み止め等を服用することも出来ますので、アイピル服用による副作用はほとんどの場合、何事もなく解決する場合が多いのですね。