アイピルには卵巣がんを抑制する効果があります

ピルにはいろんな種類がありますが、その中でもアイピルはモーニングアフターピルと呼ばれるもので、性行為中の避妊が失敗したときに飲む薬です。
うっかりピルを飲み忘れてしまったり、使っていたコンドームが破損していたり、性行為時に避妊できなかった女性が飲むと、高い確率で避妊することが出来ます。
日本では販売されていない薬なので、アイピルを手に入れたいときは個人輸入代行通販を利用するしかありません。

一般に医師が処方してくれるアフターピルは、2度の服用をしなければならないのに対し、アイピルは72時間以内に1度服用すればよいので、手軽さの面から人気があります。
アイピルの主な有効成分はレボノルゲストレルで、海外での臨床試験では約80%の避妊成功率が報告されていますから、初めての方でも安心して使うことが出来ます。
アイピルの効果は72時間ほど続き、卵子の排出や受精卵の着床を阻止して、望まない妊娠を防げます。
性行為後に服用する時間が早ければ早いほど、避妊効果が高くなるので、妊娠するかも知れないと思ったら、すぐに服用してください。
副作用については、アイピルなどのアフターピルにはほとんどありませんが、頭痛や吐き気、下腹部の痛みなどが起きることがあります。

避妊以外の効果としては、卵巣がんの発症リスクを減らせることがわかっています。
卵巣がんは、卵巣が毎月、破裂と修理を繰り返すことで起こりますが、ピルを服用すると、卵巣が休めるようになるので、その結果、卵巣がんの発症を抑制できるというわけです。
アイピルを安く手に入れたいときは、複数の個人輸入代行通販のサイトを比較し、もっとも安く購入できるところに注文するようにしてください。